読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシのおもて

すきなものについて

『からかい上手の高木さん』盆暗少年と隣の席の美少女。

漫画 山本崇一朗

今月の「POPEYE」の橋本愛ちゃんの連載で全巻一気読みしたと書いてあったので、ついつい購入してしまった『からかい上手の高木さん』。どうやらマンガ大賞にノミネートしていて、シリーズ累計100万部突破しているみたいですが知らなかった・・・。如何にマンガに疎くなってしまったかと日々、思うので急ピッチで読み漁っている次第です。


f:id:gennkissu:20170130082929j:plain

本作の概要ー
中学校の同級生同士である「西片くん」と「高木さん」のやりとりを描くラブコメディ。高木さんが西片くんをからかい、西片くんが高木さんに仕返しをしようとするが、高木さんはそれを上手く躱してしまう、という2人の関係性を軸に、西片くんの視点から描かれている。各話を繋ぐ明確なストーリーは無く、西片くんと高木さんの間のひとつの出来事が一話に収められている。


なんという青春。なんという童貞力。読んでて、ただひたすらにニヤニヤしていて最高に気持ち悪い顔をしてたと思うので外では読めない気がしますが、盆暗野郎には是非とも読んでニヤニヤして欲しい青春が詰まった最高のマンガだと言っても過言ではないです。読んでいて本作の主人公である西方くんと『交響詩篇エウレカセブン』の主人公レントンが重なってしまったので、人生のベスト級に大好きなアニメ『エウレカセブン』を朝から見返していたのですが、第5話でタルホさんという姉貴肌のキャラクターに兎に角からかわれてはからかわれるのである。もう「からかわれ上手のレントンくん」と名付けたいほどにだ。もう、どちらの主人公も盆暗すぎて盆暗すぎて愛さずにはいられない。どこの学校でも、職場でも、きっとそんな人間がいるであろう。彼らは、とにかく純情で真っ直ぐで単純で騙されやすいので、そんな反応を見たくて、ついつい"楽しんで"しまうのだと思います、高木さんは!この高木さんも『エウレカ』のタルホさんも普段は、からかっては童貞野郎をバカにして笑うのに時折見せる真面目な表情のギャップに僕らはハッとしてトキメキを感じてしまうのだろうと思う。そして相合傘や間接キッスをためらわずに出来るなんて、なんという、なんという....。僕も盆暗なのだけど、女の子と話すと、すぐ顔が赤くなってしまうのとかシンクロ率120%で、そういう恥ずかしさも読んでて感じてるかもしれない。たまにお酒の席とかで同じグラスのお酒を飲む女の子がいて本当にドキッとして一人で意識しまくって恥ずかしさに倒れそうになるのだが、きっと女の子は特に意識してないんだろうなぁと思ったら女の子って生まれながらの「からかい上手」なのだろうと思った。正直、まだ1巻しか読んでいないのですが、僕の純度の高い童貞力で読み進めて大丈夫なのだろうか。きっと思い出しては気持ち悪い笑みを浮かべてしまう気がしてならない....。アニメ化したらレントンエウレカの声優さんがいいけど、でもエウレカ→タルホさんかなぁ。


後、この「ライトブルー」が凄く良くて1日中聴いてて、青春漫画読み漁っては聴いている気がしてるので青春で爆発しそうになってる。歌い出しの歌詞が最高や!



江本祐介「ライトブルー」MV




今回の4コマ漫画 第4話「左利き」。昔の人からしたら「ぎっちょ」という言葉があるように左利きって色々と言われたみたいなので、そういう事なのでお年寄りによく心配されたり何か言われるのは仕方ないのかなぁという気持ちで描きました。

f:id:gennkissu:20170130090006j:plain

『AAAH! ゾンビーズ!!』に見る自己と他者。

ゾンビ

知り合いの方はしっているかもしれませんが僕は部類のゾンビマニアで、ゾンビ映画を卒論の題材として書き上げた。そんな僕がオススメしたいゾンビ映画を今回は紹介していきます(今まで、何故か書かなかった)。数あるゾンビ映画の中でも僕は『AAAH! ゾンビーズ!! 俺タチだって生きている』(2007)を挙げたい。


f:id:gennkissu:20170129131729j:plain

あらすじ―
アメリカ西海岸。陸軍の極秘施設では、新種の“超兵士"を作るために人体実験が行われていた。
だが、プロジェクトは失敗し、兵士がゾンビになってしまう。
軍はこの事実を隠すため、実験に使った廃液を樽に詰めて、全て破棄しようとする。
ボーリング場でバイトするティムの元に集まったおバカな若者マット、元カノのヴァネッサ、そしてシンディ。
今日は地域のボーリング大会だ。試合前、マットは勝手に店の売り物のソフトクリームを作り、皆に振る舞った。
ところが、食べた4人が感染して、即ゾンビ化するという最悪の事態に…。
そんな時、ニックと名乗る軍人が、感染の拡大を阻止しようと4人の前に現れるが・・・。


簡単にまとめてしまうと"ソフトクリームを食べてゾンビになっちゃった"が本作の全容です。そして近年よく見る「自分がゾンビになってしまう系」の一つであると言える。そもそもジョージ・A・ロメロがモダンゾンビ(一般的な噛まれたらゾンビになるタイプ)を生み出してからゾンビ映画では、近しい人がゾンビ(怪物)に転じてしまうという怖さが一つの魅力となっている。で、ゾンビ化というのは、その人のアイデンティティの喪失を意味する物でもあるのです。所謂、他者に転じてしまう恐怖です。そして「他人がゾンビになってしまう」から「自分がゾンビになってしまう」へ、近年ではシフトしていっている気がするのです。僕は卒論の中で、それを"アイデンティティ・クライシス型ゾンビ"と名付けでゾンビ史を語っていく中で取り上げました。その中の一つが今回紹介する『AAAH! ゾンビーズ!!』なのである。


f:id:gennkissu:20170129133032j:plainf:id:gennkissu:20170129133035j:plain


めちゃめちゃ下らないコメディ作品ではあるのですが、本作が秀逸な点は主人公たち自身(自分たち)の視点ではゾンビ化していないように見えるのに、他者(=社会)の視点を通して主人公たちを見た時にはゾンビに見えてしまうという所にあります。意図的なのかは分かりませんが、僕は、これがとても素晴らしいと思った。話が少し変わりますが、去年公開した『君の名は。』を見たでしょうか。本作では瀧(神木隆之介)と三葉(上白石萌音)が入れ替わった時に他者を通して自己を知るという場面がありました。瀧の中に入った三葉が友だちとの会話の中で手さぐりに自分の一人称を探る場面なのですが、「ぼ、ぼく?」「わ、わたくし?」「お、俺?」という感じで、他者を介して自分を知る訳なのです。自己意識や自己イメージは、社会の中で揉まれたり、他者との関わりを通して形成され、社会や他者との関わりの中で絶えず変化していく様な気がしています。こんな感じで卒論では、ゾンビ映画を通してアメリカの社会背景から、世界的な背景、そして後半では今回の様に「自己と他者」に関してをゾンビ映画から掬い上げ、考察したりしました。今回紹介した作品は下らなすぎて見る人が少ないかもしれないが人間関係の希薄化がであったり、情報化という点からも色んな考察が出そうな作品ではある。卒論はあまり出来がよくないですが、読みたい方には送るので言ってください!これからも少しずつゾンビ映画を紹介していけたらと思います。



今回の4コマ漫画 第3話「新人書店員」です(1コマ1コマ顔が違ってしまったので練習せねばと思ってます)。名字が稲泉なので、泉ちゃんと呼ばれます。

f:id:gennkissu:20170129134512j:plain


↓これは扱いづらい気がしてボツにしたキャラ設定。ドリルが大好物な武士ロボット”ドリザえもん”。敵に突撃する際には変形できる可変機型で、刀の峰の先にあるドリルを武器に突っ込む。照れ屋であるので自分の名前しか話せない。

f:id:gennkissu:20170129134614j:plain

絵本書評エッセイ『あのとき、この本』。

絵本 恩田陸 こうの史代

f:id:gennkissu:20170128135514j:plain

早速ですが、思い出の絵本や好きな絵本はありますか?多分、誰もが小さいころに「読み聞かせ」で読んでもらったりしたのではないでしょうか。僕は小学生の頃の昼休みに「読み聞かせ」を聞くのが大好きだった。近所のおばさんがやってきて最後に"さよなら あんころもち またきなこ さようなら"と毎度歌うのですが、調べてみたら『さよならあんころもち』という歌らしい。とってもシンプルで微笑ましい曲である。数多くの絵本を読んできたが、その中でも『もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう』が大好きだった。リンク先で全ページ読めるみたいなので気になったら是非。


www.ehonnavi.net


この本について思い出したエピソードがあるのですが、小学校の頃からの同級生に「もっちゃん」というあだ名の友達(高校まで一緒)がいて、その子に対して"もっちゃん もっちゃん もうもっちゃう"とか言ってからかっていたのを思い出しました。今思うと、とっても幼稚だし、本の内容もトイレに行きたいけど、なかなか行けなくて"あ~漏れちゃう"っていう下らない内容なのに、当時の僕は何をそこまで惹かれたのでしょうか...(笑)今回は1つ前のブログで少し触れた『あのとき、この本』という絵本書評エッセイについて、もう少し詳しく書いてみようと思います。


f:id:gennkissu:20170128140748j:plain


基本的には全ページ見開きで谷川俊太郎さんや恩田陸さん、吉田戦車さんなど、数々の著名人が自分の幼少時を思い出したりして好きな絵本について寄稿しています。で、左の"片隅"に、こうの史代さんの四コマ漫画が添えられています。とっても可愛いし、『この世界の片隅に』を見て気になった人には、オススメです。結構、こうのさんの作品は似てる女の子が主人公である事が多くて、今回のもそうで「すずさんが、もし現代の女の子だったら」と想像しながら読むのも楽しいと思います。


アボカド・ベイビー

アボカド・ベイビー


何となく読んでて気になったのが翻訳家の青山南さんが紹介していた『アボカド・ベイビー』という絵本。ジョン・バーニンガムさんが著者で、紹介している青山南さんが翻訳を担当されているみたいです。内容は「何も食べたがらない赤ちゃんに、母さんは困っていました。ある日、アボカドを食べさせてみると……。痛快ユニーク絵本。」という非常に気になるあらすじ。どうなってしまうのでしょう。タイトルも秀逸で面白い(笑)


f:id:gennkissu:20170128141727j:plain

後、とっても気になっているのが、柴田ケイコさんの『おいしそうなしろくま』。僕のバイト先の書店員さんに凄く天然でおっとりして可愛らしい方がいる。10歳歳上には見えない程に若々しい。そして、この人は書店員歴が13年であるのに全く本を読まないという変わった方なのである。「小説が駄目なら絵本どうですか?」とオススメしたら、この『おいしそうなしろくま』を買ったらしく気になっているのだ。なんちゅうユル〜いチョイス!


アライバル

アライバル


大人向けの絵本だと、ショーン・タンの『アライバル』が素晴らしいので是非とも読んでほしい傑作です。むぅ、読んでいたら色々と気になってしまったのでアルバイト先の書店辞める前に色々と買っとこ~。そして前回から始めた4コマ漫画ですが、第2話は『サウナ』です。主人公を少し僕の髪型に寄せたのと、知らず知らずのうちに安村風なノリになってしまったのがショックや・・・(ちょっと下品だと思ってるので絵本と一緒に載せたく無かった(笑))。たった4コマで30分くらい掛かってるのですが、本物の漫画家さんは比べ物にならないくらい大変だと思う。それに比べて僕は4コマなので出来るだけ毎回載せられたらいいなと思っています。





f:id:gennkissu:20170128142243j:plain


中条あやみさん大好きなのです。アナザースカイでのオン眉も最高やった。

ブログで4コマ漫画の連載を始めようと思う。

最近、漫画をよく読むので書いてみたくなった(笑)でも長編とかは、きっと描けないと思ったので『あのとき、この本』という絵本書評エッセイがあって、こうの史代さんが4コマ漫画を載せていて「これなら書けるかも!」と根拠のない自信が芽生えた為に始めようと思う。なんだか、ただのブログだし文字ばっかりじゃ面白くない気がして、僕の日々の事を4コマ漫画にして毎回のオマケに載せたいと思います(それこそ面白くない気がしますが)。とりあえず、やってみて飽きたら止めます。実は昨日も行ったのですが、今日も夜の12時頃まで銭湯にいて銭湯に入りながら描こうとか考えて、帰りにコンビニでボールペンをサッと買ってエクセルで枠を適当に作って描き始めました。とくに面白いとかではなく日常系です。もう最初はパクリからで徐々にオリジナリティを出していく予定で、とにかく描いて描いて画力を上げるしかないと思っています!4月から社会人になるまでは暇なので無駄な事に時間を費やそうと思います。中高生の頃は毎日教室で漫画描いてたけど、それ以来でちょっと描いてて楽しくなった(その時は狂った様にバトル物)。全部フリーハンドで線がガタガタかもしれないですが、その辺はご愛嬌で....。なんか、こうの史代さんと同じサイズ間隔で枠を作ったら横に長過ぎて(映画でいうシネスコ)、如何に埋めるかという悩みが生じてしまった。なんとか吹き出しで稼いだけど、もう少し人物を大きめに描くとか思考錯誤してみよう。

f:id:gennkissu:20170128022438j:plain
で、これは今日のバイト前に服を買おうと思った時の話です。雑誌で妻夫木くんが白のブルゾンを着ていて、それを目当てにお店に行ったのですが店員さんに声を掛けられてしまいました。僕はとっても店員さんに話しかけられるのが苦手で「もうそれ下さい」と店を出てしまいました。お目当ての物が買えなかったので、その店員さんがいない時にまた行こうと思う。もう本当にコミュ障過ぎて服屋が苦手なんですが、わかる方いないかなぁ...。因みに服に書いてある「G」はジャイアンではなく、僕のイニシャルの「G」です。こんな感じで日々あった事を4コマにしたいと思ってます。結局の所はオマケなので悪しからず。店員さんの語尾が"〜っす"なのはタイトルの「げんきっすの1日っす」から来てるかどうかは、ご想像にお任せします。


ちょっと自分に寄せた主人公案。去年ブームだった、あのキャラクターに似ちゃった、、、

『住住』が面白かったら『ウレロ☆未確認少女』も是非。

ドラマ

ひたすら駄弁ってる様な作品て面白いなぁ~と最近思う。此元和津也の書く『セトウツミ』が映画化されて僕も見ましたが、もうただただ至高の時間に思えたし、何気ない会話にこそ"可笑しさ"や"愛おしさ"が詰まっている様な、そんな感慨すら抱いてしまう。僕の偏愛する監督のクエンティン・タランティーノの映画でも、そんな何気ない会話がひたすらに繰り広げられるのが最高に愛おしい。今回は、そんな"ただ駄弁るだけの愛すべきドラマ"に加わりそうな『住住』について書いていく。『住住』の話に入る前に、ちょっと違う作品について取り上げます。


f:id:gennkissu:20170127114320j:plain


まず『住住』を見るにあたってキャストやスタッフを調べてみた。脚本にバカリズムさんとオークラさんが関わっていて、まず僕はテレビ東京の『ウレロ☆未確認少女』といった「ウレロ☆シリーズ」を思い浮かべました。テレ東の番組などをよく見る人にとってはお馴染みの佐久間宣行を演出に置き、バカリズム劇団ひとり東京03、そして(元ももクロの)早見あかりが出演している。タイトルの未確認少女というのは劇中に出てくるアイドルの事で、その歌声を"ももいろクローバーZ"が担当しているし、早見あかりが出ているしで、当時はモノノフだった僕は、これを見ない訳にはいかなかったのだ。劇中に流れるアイドルが歌う「We are UFI!!!」は謎のアイドルと言いつつ、歌詞からは完全に"ももクロ"っぽさを感じさせるし、脱退した早見あかりと、このドラマを通して共演している事に感動すら覚えた。ただ偏見かもしれませんがドタバタした感じのこのドラマは、まさに「テレ東」的な番組であると思った。ちょっと揶揄した感じに聞こえてしまったかもしれませんが、お時間があれば見てほしい傑作ドラマだと思っています。最近のは面白くなくて見ていないのと、あまりこれが好きだってオススメした事ないのですが、いい機会なのでオススメします!確か主題歌は何かと、ももクロと関りがある(今は知らないですが)在日ファンクが担当している。



f:id:gennkissu:20170127112126j:plain

ドラマの概要―
「住住」はバカリズムが原案・脚本を担当する作品で、テーマは「芸能人の私生活を妄想」。バカリズム、若林、二階堂が本人役で登場し、彼らがもし一緒のマンションに住んでいる仲良し3人組だったらという設定のもと、ストーリーが展開する。


そんな「テレ東」的な番組とは裏腹に、とってもユル~い感じのドラマでビックリした。先ほど上げた『セトウツミ』的な作品に近い緩さというか、それを生み出すのが会話の中の"間"であるように感じられた。というかバカリズム、オードリー若林、二階堂ふみが本人を演じるというのは非常に面白いし、"ドラマ"と"ドキュメンタリー"の境界にあるような感じで、虚構と現実が入り乱れた作風を描くキアロスタミの映画的な要素を感じさせる。時々、会話の中で黙り込む"間"が生まれるのが非常にリアリティを生み出している気がして、ウレロ☆シリーズではとにかく「テレ東」的な騒がしさを象徴している忙しない"言葉の応酬"が本作には描かれておらず、非常に毛色の違う作品に仕上げてきたなぁと思ってしまいました。しかし本作『住住』は、とにかくバカリズムと若林がボソボソと喋るだけのドラマなのですが、時折、二階堂ふみちゃんの屈折した感性を垣間見た時に「テレ東」的な要素を感じると僕は「これを待っていた」とばかりに嬉しくなったりと凄く楽しめた。ほとんど動かない会話劇なのですが、二階堂ふみちゃんが"変な行動"をしてはトイレにいったり、ご飯食べに家に帰ったりして、その"間"に男性陣二人が「あれ、やばくね?」って話すところが非常に可笑しくて、愛らしいのである。バカリズムが、若林に対して「1時間くらい前にパン1個だけ食べるのおかしくね?お前そういう所あるよね」みたいな、どうでもいい会話が延々と繰り返されるのですが、「あっ、僕も夕ご飯前に腹減ってパン1個食べるわ」とか、そういう何気ない生活のズレみたいな物は視聴者に共感を抱かせるし、そういう生活の中の何でもない物を"笑いに昇華"させているのが、とっても楽しいと思った。僕的には、今期のドラマのダークフォースだと思っているので、是非ともご覧いただきたい。後、主題歌が以前ブログでも取り上げた「Enjoy Music Club」でキャッチアイのイラストも「ボブ a.k.a えんちゃん」が担当していて、色んな好きが溢れた作品だ。特に二階堂ふみ様が好きな訳だけども...笑



「住住」PR 主題歌ver

熊倉献『春と盆暗』と森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』 愛すべき盆暗の話。

森見登美彦 スケラッコ 熊倉献 漫画

早速ですが、盆暗とは何ぞやという方に、盆暗についての解説を引用したので見てほしい。

『ぼんくら』の解説―
ぼんくらとは盆暗と書く賭博用語で、盆の中のサイコロを見通す能力に暗く、負けてばかりいる人のことをいった。 ここから、ぼんやりして物事がわかっていないさま、間が抜けたさま、更にそういった人を罵る言葉として使われる。 これとは別に「がんばれ」という意味で使われることがある。


そうそう、盆暗って嚙み砕いて噛み砕くと見えてくるのだが"愛すべきアホ"の事なのだ。そして、ついつい「がんばれ」と応援してしまう存在の事なのだ。そんな盆暗が活躍する作品として何を思い浮かべるだろうか。そう、僕は森見登美彦の『夜は短し歩けよ乙女』がパッと思いつく。では少しだけ本作について触れてみたいと思います。


f:id:gennkissu:20170126173608j:plain

夜は短し歩けよ乙女』の作品概要―
京都大学と思われる大学や周辺地域を舞台にして、さえない男子学生と無邪気な後輩女性の恋物語を2人の視点から交互に描いている。諧謔にあふれる作品で、ときに現実を逸脱した不可思議なエピソードを交えている。古い文章からの引用が多い。タイトルは吉井勇作詞の『ゴンドラの唄』冒頭からとられている。

湯浅政明監督によりアニメーション映画化され、2017年4月7日に全国公開予定。


本作の語り手である"先輩"を通して物語を垣間見る訳なのであるが、この本名不明の腐れ大学生がまさに盆暗野郎なのだ。こんなに"腐れ"とか"盆暗"とか揶揄してるけど、僕自身も盆暗であると思っているので不思議と共感してしまうのだ。そんな彼が恋をしたのが、本作のもう一人の語り手である"黒髪の乙女"なのである。彼女はどんな人物かというと自由奔放で好奇心の塊であるという無邪気で子供のような印象を受けるかもしれないが、そんなイメージとは裏腹に彼女は"うわばみ(酒豪)"であったりする。自分の世界を突き進む彼女を好きになってしまうのは、盆暗大学生にとって茨の道であるのだ。どうにか"黒髪の乙女"の目に触れようと、彼女が京都の先斗町や学園祭、そして古本市に来る情報を掴むや否や偶然を装い出会おうとしたりと、姑息な手段を使う"腐れ"野郎なのだが、彼女が欲しがっている「絵本」を手に入れるために激辛鍋を食べて奮闘したりと意外な一面も見せる。そんな一途な姿は応援したくなるし、"愛すべき盆暗"ではないだろうか。是非とも、また森見登美彦さんには盆暗が主人公の話を書いてほしい。そんなこんなで愛すべき”盆暗"が好きな僕は盆暗に対して目がない訳で、バイト先の書店で『春と盆暗』を目にした時には、ついつい手に取っていた。というか、もう感覚がマヒしているのかスケラッコさんのタイトルに”盆暗”の”盆”が付いている『盆の国』を見た時には思わず運命すら感じてしまったのだ。しかし、今回紹介したい本は『春と盆暗』であるので、とりあえずどんな本かを紹介していきます。是非とも"盆暗"か"青春"に目がない人たちに読んでほしい傑作です。


f:id:gennkissu:20170126180805j:plain
f:id:gennkissu:20170126180427p:plain


『春と盆暗』の概要―
好きな子ができた。同じ職場の女の子。それも誰もが認める「いい人」キャラ。しかし僕は、彼女のとんでもない“頭の中”を知ってしまう!(『月面と眼窩』) 月刊『アフタヌーン』でデビューを飾った2017年最注目の新鋭、熊倉献(くまくら・こん)待望の初コミックス。さえない男子たちが予想外のドラマをつむぐ、4編の恋愛譚を収録。


僕はこれを公共の場で読みながら、とんでもなくニヤケていた。これこそ、この様な行動こそが”盆暗”であり、”盆暗”たり得る所以である訳だ。そんな事より、この漫画は4編のストーリーがあるのですが、どいつもこいつもまるで打ち合わせをしたかの様に、ちょっと頭がおかしい女の子(一応、褒め言葉です)に惹かれてしまうのだ。僕だって『化物語』なら戦場ヶ原だし、『いちご100%』なら自由奔放な西野つかさだし、『涼宮ハルヒの憂鬱』なら長門有希が好きなのだ。こんな僕と一致したあなたは絶対に本作が好きだと言っても過言ではない。そんな女の子たちに負けず劣らずで一癖も二癖もある女の子たちが『春と盆暗』には登場しています。例えば月面に標識を投げつける女の子とか、背が低くて上手く呼吸できなくて鯉のようにパクパクしながら呼吸する女の子とか、人を殴る癖がある女の子とか、ちょっと変(ちょっと所ではない?)なのだけど、そんな子たちの想像力溢れる世界や感性に触れることで、僕らは"普通の青春"ではない"宇宙を感じてしまう程の青春"を体感してしまう訳なのである。僕や『春と盆暗』の主人公たちの様に盆暗である君たちには、どうか落ち込まないで欲しい。いや気づいているかもしれないが、不思議な世界を持った女の子の魅力に気づき、手を差し伸べ、掬い上げる事が出来るのは僕たちだけなんだ。そう考えたら"盆暗"である事って更に最高やないでしょうか?



夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

ポップカルチャー日記・映画編(2017年1月)

映画

何だか暇だったので髪を切るついでに、今日は自転車で10分くらいの近所のお風呂 - 南増尾健美の湯に行ってきた。ちょこちょこ来てるけど、以前広島で銭湯に行った時に”ちんこ”が小さいから好きじゃないと書いたが、それでか普通のお風呂だけサーっと入って帰っていたので、こんなに充実した設備とは思ってなかったのでビックリした!(多分、色々と新しくなってる)バイブラス・電気風呂、ボディーバス、ジェエットバスなど、様々なお風呂がありました。ジェエットバスも電気風呂も、ちょっと強くて痛かったので、お年寄り向けなのか....。サウナもモイスチャー、塩、スチームなど3つもあるとは知らんかったし、というか普通のしか入ったことなかったので増設されたに違いない。スチームサウナはタバコとか吸えない僕にとっては煙がキツくてゴホゴホいってしまったけど、煙はハーブだったり日替わりなので、いつも違くて楽しめるみたいで通ってる人は楽しそう。色々ある中でも、露天風呂になってる”別府風呂”と"高濃度炭酸泉(全身浴&半身浴)"がとっても気持ちい。大分県別府直送の湯の素を使用しているらしいので、フラーッと大分まで行けない人には手軽でオススメかも。硫黄の匂いが堪らなく好きなので、ここにずっと入っていた。高濃度炭酸泉の露天風呂は、身体中が皮膚呼吸していて泡だらけになってビックリしたし、股間がクリスマスツリーみたいになってしまって恐ろしい....。一番ビックリしたのは、銭湯の食堂で中学時代の同級生がバイトしててビックリした。「おっさんかよ」って言われてしまったけど、もう僕らは「おっさん」だ!

話は本題に入りますが、銭湯の帰りに本屋さんによった。雑誌「POPEYE」を読んだ。本書で”橋本愛のカルチャー日記。”という連載が少し前から始まっていて(今月で3回目くらい?)僕も今月見た物とかをつらつらと書いてみたいなと思ったので書きます!

今回は映画編。年明け一発目は、千葉県の柏駅にあるキネマ旬報シアターの1ヶ月フリーパスが当選したので『ティファニーで朝食を』見たんだけど、やっぱり名作と言われるだけあって素晴らしい。オードリー・ヘプバーンが開いたパーティーに、作家役のジョージ・ペパードが手土産に本を渡すんだけど、その本をサッと置いてインテリアに早変わりしてしまう所とか、凄いセンスあるオシャレな映画だった。その後は、ひたすら去年から見ている『男はつらいよ』をNetflixで35作目辺りまで見ていたので、今年1月はほぼ寅さんの映画だったかもしれない。後は、文芸座のオールナイト上映で”新春メカゴジラまつり”へ行った。正月といえば「ゴジラ」と「寅さん」な気がしているのでオールナイトの方は少し寝ちゃったけど、今年の始まりを感じたので見れてよかった。で、昨日は久々に新宿へ赴き『この世界の片隅に』とゴダールの『はなればなれに』を見ました。


f:id:gennkissu:20170126145033j:plain


上映後に五所純子さんという全く知らない方のトークショーがあったのですが、超つまらなかった。でも、ある映画評論家の言葉を引用していたのですが「日本の人はゴダールの映画がファッション誌で紹介され、オシャレな物としてファッションとして消費している。そこに物語は存在していないのだ」みたいな事をいっていて申し訳ないですが、そこだけ面白かった気がします。結構、有名なんですがルーヴル美術館を走り抜けるシーンがあって、僕が好きなベルナルド・ベルトルッチの『ドリーマーズ』で引用(オマージュ)されていたので、とても気になっていたのですが見る機会がなく今回見れて本当に良かった。後、タランティーノの『パルプ・フィクション』に影響を与えてるという話を聞いた事があるのですが、ストーリーから何まで結構そのまんまな感じで面白かった。個人的にフランツ役のサミー・フレーとアルチュール役のクロード・ブラッスールの西部劇を再現しながら遊ぶシーンが面白かった。それが後半で効いてくるのも流石だし、ゴダールは音と画の使い方が面白くて見ていて最高や。他にも英語教師の目を盗んで主演3人がおふざけする様なシーンがあるのですが、そこで目線を走らせてリレーの様に「まなざし」を繋いでいく所が僕は、とっても楽しくて好きだった。写真のダンスのシーンは、めちゃくちゃ楽しい場面で言わずもがなだし、人生のベストテンに入るくらいのダンスシーンかもしれない。『海辺のポーリーヌ』のロメール監督のダンスシーンとかも大好きなので、今度ブログで映画における「ダンスシーン」について語りたい。来月公開の『ラ・ラ・ランド』が非常に楽しみなので、その時にでも!


f:id:gennkissu:20170126151638j:plain


正直、僕はゴダールに苦手意識があって、トリュフォーのが見ていたので避けていたのだが、ゴダールの虜になりつつあるのです...。トリュフォーの映画って美脚な方ばかりで、あんまり可愛い人がいるイメージがないのですが、ゴダール映画は本当に可愛い女の子が出ていて、それだけでも最高に楽しい。アンナ・カリーナもそうだし、『男性・女性』のシャンタル・ゴヤ(写真の子)なんて最高に可愛い。彼女はアイドル歌手みたいなので映画はあんまりないので残念ですが、フランスの発音と相まって曲が超可愛いので是非とも聞いて欲しい。(『男性・女性』の予告にながれているので見てない方は是非)



Masculin féminin (1966) Trailer