読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシのおもて

すきなものについて

『思い、思われ、ふり、ふられ』。

漫画 咲坂伊緒

始めたばかりの頃にハイペースで書き続けていたので少し飽きてきてしまった様な気がするのですが、継続する事が重要だと思っているので書きます!マイペースにやっていこうかなぁと。最近は映画も見ず、小説も読まず、とにかく漫画を読み続けているのですが、その中でも『からかい上手の高木さん』と『思い、思われ、ふり、ふられ』が最高に僕の顔をニヤけさせてくれます。僕って恋した時には常にニヤけてしまうのですが、漫画の登場人物たちを通して僕も恋をしているのか~っていうのが最近の発見の様な気がします。しかし『思い、思われ、ふり、ふられ』ってタイトル最高すぎる気がして「青春語録大賞」みたいな物があったら迷いなく僕は推す気がします!少し話が変わるのですが、書店員を始めてBL(ボーイズラブ)を買う女性の方が多くて、ちょっとビックリしたりします。同年代の女の子に話などを聞くと「少女漫画は読んでないよ」という話を聞くので、きっと昔は読んでいて卒業したんだろうなぁと思うのですが、それがBLに行ってしまったのかなと僕は考えています。その理由を、今回紹介する『思い、思われ、ふり、ふられ』の感想を書く中で触れたいと思います。しかしタイトルが長い気がして略すなら『おもふり』ですかね....?


f:id:gennkissu:20170202194159p:plain

簡単な概要―
夢みがちな由奈と、現実的に恋する朱里。正反対のふたりだけど、友達になりました。モテる理央と、天然な和臣のふたりの男子も加わり、きらめく青春と本音をぶつけあう恋がスタートします!


由奈と和臣が幼馴染で、朱里と理央が義理の姉弟という関係性なのであるが、これを知り合いの女の子に超面白いって紹介したら「ありがち」って言われてしまったのですが、結構複雑な恋愛模様を描いていて「ありがち」さも勿論あるんだけど、とっても面白い作品であるように感じる。ネタバレを含むので知らない人は読まない方が良いのですが、例えば由奈は"友達の朱里の弟である理央を好き"になってしまうのですが、途中で"理央が好きな子が姉の朱里"だと知ってしまったりと、かなり「危ない」恋愛模様を描いていてどうなっちゃうのと続きが気になってしまいます。しかし理央が"朱里は和臣が好き"というのを知ってしまうと、友達である和臣に嫉妬したりして3巻では我慢できなくなって、理央が姉の朱里にキスをしてしまう場面などがあり、少しドロドロした様にも感じられます。でも、それぞれが恋愛をしていく中でキラキラしていったりと少女漫画の煌びやかさを失わないというのは、やはり『ストロボ・エッジ』や『アオハライド』などのヒット作を生んだ咲坂伊緒さんの手腕ではないのかなと思います。一時期、僕は過去にあった事で恋愛に対して億劫になっていたので、本作を通して「やっぱり恋って青春って最高だ」と思わされた。主人公の一人である由奈の一途さっていうのは応援したくなるし、どんどん恋をしていって自分が変わっていくのは「恋」の素晴らしさだと思う。そういえば僕は『ストロボ・エッジ』を映画で見たのですが、主人公の女の子が恋をして"相手に好きな人がいても好きでいる"という真っすぐさに胸を打たれて感動してしまった。咲坂さんの作品は読んだことがないのですが、こういう部分は引き継がれていってるのかなと思った(どうなんでしょう?)。なんとなくだけど、片想いってとっても素晴らしい物だと思う。その時に好きだったという想いって、実っても、実らなくても、嘘偽りない「恋」だし、その「恋」が支えであったり変わろうってきっかけになったりするし、やっぱり「恋」をしてる人ってキラキラしてて最高だなって思った。そんな「恋」に対して、メインの登場人物4人の価値観が交錯する感じとか僕は溜まらない。それぞれの心理描写とかもよく描けていて共感してしまうし、誰もが「恋」をしてしまいたくなる、そんな漫画だ。後、僕的には途中から理央と和臣のイケメン二人が仲良くなってるのがキュンとしてしまって、「うわ~、こうやってイケメンがイチャついてるのにトキメクのがBLへの入り口なんだ」と思わずにはいられなかった。僕はジャニーズも大好きで年末のジャニーズカウントダウンでメンバーシャッフルで、それぞれのグループの曲を歌う時に、違うグループのメンバー同士が仲良さそうにしているのにジャニヲタが「キャー」と叫ぶ気持ちが分かってしまうのだ。と、よく分からない方向に行ってしまったのですが、何となくBLにハマる人というのは"恋に億劫"な人が多くて、自分は介入せず男の子同士がイチャイチャしているのを傍観する立場の方が多いんじゃないのかなぁと勝手に想像している。どうなんだろう、今度知り合いの女性とかに聞いてみよう。

あまり魅力を伝えられなかった気がしますが、本当に面白くて一気に4巻まで読んでしまう程でした。4巻の最後を見た感じでは由奈と理央がくっつきそうで相当ニヤけたのですが、どうなってしまうのか。朱里は和臣が好きになったみたいだけど、肝心の和臣の心情というのは、ちょっと掴めなくて一番気になっているかもしれないです。由奈は和臣を意識してないみたいだけど、和臣は実は好きだったりとか、もしかしたらBL路線で理央を好きだったりしてとか(和臣の好きな"うまい棒"は、理央のちん〇のメタファーじゃないのか説)タダならぬ妄想お繰り広げてしまっている....。下品で誠に申し訳ございません。とにかく「恋」をしている人、「恋」に億劫な人、「恋」を諦めようとしている人、色んな「恋」に関わってる人に読んでほしい傑作でした!是非、読んでみてください。




からかい上手の高木さん』がマイブームなので、そのタッチで今回は書きました。昨日、内定者研修がありその時の昼食の話です。周りの方の社会人としての意識が高くて、僕は悪目立ちしてしまったので記憶を抹消したい.....。後、いつか少女漫画タッチも描いてみたいけど、難しそうや。
f:id:gennkissu:20170202201542j:plain


今回は二本。社会人を目前にして学生生活を振り返りながら書きました。ラブコメの世界が遠すぎて悲しくなる。

f:id:gennkissu:20170202202856j:plain