読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシのおもて

すきなものについて

こだま『夫のちんぽが入らない』を読んだ。

またまた自分語りをしようと思うのでブログのタイトルを読んで気になった人にはつまらないかもしれないので、とりあえず「ちんぽ」とタイトルに入った本を恥ずかしがらず手にとってみて欲しい。だって僕は、これからクソみたいな人間のクソみたいな話をしよ…

森見登美彦『夜行』と古書店街。

11月頃から念願叶って紀伊国屋書店でアルバイトを始めた。でもアルバイトであるので、思い描いていた様な書店員っぽい業務に携われない事と、かなりネチネチと僕の接客態度に難癖を付けられる為に始めたばかりの頃は本当にストレスで参ってしまった。ようや…

読書始めは恩田陸『蜜蜂と遠雷』。

読書始めは何にしようかと迷い直木賞候補に挙げられていた恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』を選びました。カバーを外すとピアノを想起させる黒い装丁が現れ、手触りまでピアノの様であるし、ページをめくるとまず登場人物たちがコンクールに出場する際に選曲した…